灯火〜ともしび〜の唄【Ⅰ】

作者四季

精神学者の灯火の元に、新たな客が現れた。女性は同じ夢を見続けて苦しんでいるという。
依頼を保留にして助手である弦や一葉と調査を始めた所、不自然な自殺が女性の周辺で起きていた事が明らかになった。
その自殺の不自然さとは。
その不自然な自殺に隠された真実とは。

消極的な思考で発する身近な起因からの悪夢