僕は夢を見る。そして、君は現実を唄う

作者夜空青月

主人公新は兄の死をきっかけに心を閉ざすようになってしまう。何にも興味が持てず、何か新しいことをするのを嫌い、人を好きになることすらも拒絶する毎日。現実からも目を背け、死んでしまおうかと思うことすらあった。そんな新を担任の米村先生が生徒会副会長にするといった。とても強引で新の言い分なんてまるで通…