世界の大怪盗は異世界を盗む

作者渡辺翔

世界の大怪盗の夜霧は父の形見の蒼の宝玉を奪い返す為にとある屋敷に忍び寄る。その時、夜霧は、蒼の宝玉を奪い返すのに成功した。しかし、屋敷の主は、奪われた事に腹が立ち、その蒼の宝玉を銃弾で割った。すると、蒼の宝玉は、変な霧で夜霧を包み込んだ。夜霧は目が覚めると、そこは剣と魔法のファンタジーの世界だった…

世界の大怪盗の夜霧は父の形見の蒼の宝玉を奪い返す為にとある屋敷に忍び寄る。その時、夜霧は、蒼の宝玉を奪い返すのに成功した。しかし、屋敷の主は、奪われた事に腹が立ち、その蒼の宝玉を銃弾で割った。すると、蒼の宝玉は、変な霧で夜霧を包み込んだ。夜霧は目が覚めると、そこは剣と魔法のファンタジーの世界だった。


夜霧は自分の怪盗の実力が気になり、異世界でも怪盗として頑張る。夜霧は、アグルス家に目をつけた。そして盗みを成功させた。その時、アグルス家の少女に顔を見られたらしく、訴えられたくなかったら、私を仲間にしてと頼みます。夜霧と少女は仲間になります。その少女の名前はフィリア・アグルス。夜霧は、フィリアと一緒に怪盗を始めました。


ある日フィリアは、夜霧に頼み事をします。その内容は、この世界の全てを奪って。と尋ねます。夜霧は、流石に困りました。だが、夜霧は、異世界を盗む事を決意します。


この世界は、剣と魔法のファンタジーで、主人公の夜霧は魔法は使えないが、怪盗の力でがんばる。