旅先で寝過ごし、電車のダイヤに絶望した私は彼に出会う。彼の話。彼の語る妖の話。それは作り話かもしれないし、かつてあったことかもしれない。私は綴る。きらきらとした飴玉の話を──

※架空の民間伝承を題材としたお話です。