消えては浮かび、消えては浮かびを繰り返す白波。




「人の移りゆく気持ちみたいだね。まぁ、ずっと残されたままの、消えない白波も私の心の中にはあるけどね……」と呟いたお前。


月の光に照らされながらそれを眺めていたお前は今年、隣にいない。




湘南乃風×魔法のiらんど「終わってしまった恋」小説コンテスト応募作品です。

読んでいただきありがとうございます✨