気まぐれな君は雨が嫌い。《気まぐれ更新》

作者林檎

気まぐれ猫のお話。

【何で、この人私の言葉が分かるの?】

「あ、今、何でって思った?」

【危険だ、逃げなきゃ……】

「逃がさないよ?」

  • コメント
  • しおり411


私は、雨が嫌い。




「ほら、おいで」




もちろん、私の言葉が分かる貴方の事も。








【気安く触らないで、人間の癖に】


「触られてゴロゴロ言ってるのに素直じゃないね」


【私はアンタの飼い猫じゃないの。構わないで】







「嫌だよ、だってキミを連れて帰るんだから。」





9c61bbcaa7c9







※この作品はフィクションです。


誹謗中傷、批判、疑問等のレビューはお止め下さい。


自己責任で宜しくお願い致します。


篠崎 碧唯様、


素敵なレビューをありがとうございます!





表紙は瓜様が作って下さいました♡

本当に素敵な表紙をいつもありがとうございます!