歪んだ視界と、向こう側【完】

作者この葉

転校先で出会った彼女は、いつも周りに気を遣っていた。
そんな彼女の恋物語。

「頑張るね、毎日学校来て」


目に涙を溜めていると物語っている歪んだ視界に、更に悔しくなって泣けてくる。


零れないようにと必死に耐えながら、隣の彼を煽らないよう、真っ直ぐ前だけを見つめる。


「ねえ、」


耳に残るいい声。


「俺、その顔好き」


予想外の言葉に思わず振り向いた瞬間、視界が鮮明になった。


見えたのは、彼の綺麗な笑顔だった。