『友達』の境界線

作者黒川亜季

高校デビュー。計算高くなろうとして、友達づきあいに失敗し、クラスの中で孤立した由貴子。そんな由貴子を慕う幼なじみの未玲。過去と今との間で揺れる由貴子のお話

三穂 由貴子(みほ ゆきこ)


山あいの小さな町、結田に暮らす高校2年生。

中学時代の苦い経験から、地元と、昔から関わりのある全てを疎ましく思っていた。



古萩 未玲(ふるはぎ みれい)


由貴子の幼なじみ。結田生まれ、結田育ちの高校2年生。

高校に入ってから、難しい性格の由貴子にたびたび傷つけられてきたけれど、それでもめげずに彼女のことを慕っている。



『計算高く』なろうとして、友達づきあいに失敗し、クラスの中で孤立した由貴子。そんな由貴子を救い出し、自分が所属する文芸部に誘った未玲。


自分を責める由貴子に、未玲はある提案をして――



過去の自分の行いと、幼なじみへの思いの間で揺れる由貴子の心。短編です。




2019.11.13