銀の月【完】

作者蜜虫

「俺がお前を守ってやる。」
亡き祖母の言葉を思い出しその名を口にした・・・現れたのは美しい男。
五人の精霊に守られるあやかしファンタジー。

月夜に輝く銀色の髪


息を呑むほどに美しく


優雅に現れたひとりの男





「俺がお前を守ってやる」





漆黒の瞳が私を捉えてそう言った





夜の闇に現れたその姿は


まさに銀の月









11月24日SF・ファンタジージャンルにおいて

日間1位を獲得しました!

皆様ありがとうございます!



★レビューありがとうございます★


kanakana様 hina様