「俺は…貴女のことをもっと知りたい。」
───時は江戸、色街吉原。
とある遊郭の遊女は秘密を抱えて生きていた。
ただ楼主への恩義だけで生きていた女の前に、一人の青年が現れる。
その出逢いが二人の運命を変えるとも知らずに。

所詮私達は


この花籠の中でしか生きられぬ運命さだめ



知りながら












★コメントありがとうございます★


魅洛様