• コメント
  • しおり393


全て全て、分かっていた。


だから、私の中のホイッスルが鳴った。




……良いよ

私は、大丈夫




御坂 侑

「──教えて……」


×


覚悟を決めた総長

久瀬 颯

「俺は、アイツに何て言った?」


いつも背中を押す副総長

雪村 藍斗

「侑陽さんっ」




真っ直ぐすぎる 一ノ瀬 空

「ホント、俺ら馬鹿」


一番の正直者 桐谷 吏都

「何も出来きず、か」


誰よりも相手を思いやる 桜木 紘

「俺達さ、何を知ってた?」


本当は人一倍傷付きやすい 高浪 碧依

「恐かった……それだけ」


それでも彼女の為だけに生きる 水樹 蓮夜

「──クソッ!!」




神様は残酷で、私のこと大嫌いで

だから、このなんだ。