遠い昔、私と真名は運命の赤い糸で結ばれていた。




私達は幼馴染だった。

その関係はいつしか変わっていく。



――運命の糸は紅い色。





---------------------------


どうしようもない男の話が書きたかった。