エニシの鎖 【完】

作者桐島衣都

愛して、と叫ぶ背中を壊すように抱いた夜。俺たちは大きな禁忌と一つの愛を背負った。









「…またその本か。」




「いいでしょ、別に」




「たまには俺を見ろ」




「…イヤよ。」














愛を知った獣は、


獲物を鎖で繋ぐでしょう。








❗️レビューありがとうございます❗️

ちょっとだけ改善させていただきました