頬杖の記憶Ⅱ~副社長、梅晴の物語【完】+おまけストーリー追加

作者瀬野まこと

  • コメント
  • スタンプ12
  • しおり449

俺、広瀬梅晴


30歳


独身


グランドヒロセホテルチェーンを世界に展開する、広瀬産業の副社長



特技は空手


趣味はドライブ



そして、弱点は・・・


手がかかり、泣き虫で


あきれるくらい我が儘なくせに、とびきり可愛い


世にも恐ろしい


俺の母親――




これは、夕真と竹志の息子、梅晴の物語――



★このお話は単独でもお読み頂けます


ただし「頬杖シリーズ」第7段ですので、先に


①「頬杖の時間」

②「頬杖の君」

③「たとえ、君が頬杖をついていても」

④「たとえ、君が頬杖をついていてもⅡ」

⑤「たとえ、君が頬杖をついていてもⅢ」

⑥「頬杖の記憶~高校生、梅晴の物語」


の順番でお読みいただくとよりストーリーがわかりやすいかと思います。


※このお話はフィクションであり、登場する人物、団体、企業等は実在するものではありません


2012.12.11~2013.4.27