東国の白夜

作者光理

「――夜は誰の配下の者か知ってるの?」
真田 美紅は、江戸時代にタイムスリップした。出会ったのは、夜と名乗る忍び。因縁、策略、欺瞞が溢れる中、物語が動き出す。





この世の理も


道徳も


運命も


すべて越えたところに


――この恋を見つけたの。







だからお願い、


さよならだなんて言わないで。




この物語はフィクションです。

実際の史実・人物とは一切関係がありません。