奪って壊して捨てる君

作者甘羽津

好きになった男の子は、相手がいる女の人にしか恋をしない、悲しい恋しか出来ない男の子でした。




「人妻とか、人の彼女って

なんで良く見えるんだろう。不思議」




そんな

腐った思考の持ち主。





「だって、僕に夢中になったみたいな

そんな顔されても萌えませんから。」




平気で、昨日までの

狂おしい感情を覆す天才。




「君は、本当に愚かで、

そこが可愛いけど腹が立つね。」




もう、いっそのこと関わりたくないとも思うのです。




なんて、そんなことを考えるのは

無駄な事だといつになったら、理解できるのでしょう。







奪って壊して捨てる君