桔梗の華

作者梓蝶

生を望まない17歳の少女

美しい容姿を持ち、その見目にそぐわぬ強さを持つ

その力を使って主の望みである救済と共存を突き進む

大切な人を奪われた


感情を押し殺した…絶望を知り、自らを殺した



「私は生まれてきてはいけなかった…生きているべきではなかった……。」





なのに何故、私は今、生きているの………?















処女作です

至らないところもあると思いますが宜しくお願いいたします


「こんな話が読みたい」「この作品と混ぜてほしい」等ございましたら、プロフィールや目安箱(私書箱)、レビューに一言頂けると幸いです



目安箱


プロフィール