遠くの光に踵を上げて 2nd

作者瑞原唯子

アカデミーに通う18歳の少年と10歳の少女の、出会いから始まる物語。

アカデミーに通う18歳の少年と10歳の少女の、出会いから始まる物語。


少年は、まだ幼いその少女に出会うまで敗北を知らなかった。名門ラグランジェ家に生まれた少女は、自分の存在を認めさせるため、誰にも負けるわけにはいかなかった。反発するふたりだが、緩やかにその関係は変化していく。


友情恋愛、教師や家族との関係、名門ラグランジェ家の秘密、少女の出生などについて書いています。


※「遠くの光に踵を上げて 1st」の続きとなっています。そちらからお読みください。


■「遠くの光に踵を上げて」は下記の3作品でひとつの物語になります。(作品一覧よりどうぞ)


遠くの光に踵を上げて 1st

遠くの光に踵を上げて 2nd

遠くの光に踵を上げて 3rd