こんな愛に、彩りを。

作者実和

伸ばした手は包まれて、消えない臆病さごと暖められるようで、募る想いは嵩を増して、ただ、君が傷付かないことを泣きたいくらいに願った、不恰好な愛の話。






こんな愛に、







『傷付けたくない』


『傷付いてもいい』




『もう泣かせたくない』


『嬉し泣きばかりだよ』




『笑ってて』


『君となら』




『ずっと離せなくてもいい?』


『そんな幸せをくれますか?』







彩りを。