助けを求めていた私を救ってくれたのは、美しい死神だった。クールだけど心は温かくて、誰よりも強い人。しかし彼は、残酷な嘘をついて私を裏切ったのだ。だから私はもう傷付けられないために殺し屋になった。それなのに――「どうすれば俺のものになる?」再び目の前に現れた死神は、甘い言葉で私を暴こうとする。










画像タイトルを入力…