その場凌ぎの嘘が原因で"帝王"と呼ばれては架空の不良グループまで誕生する始末。ついには他勢力に目をつけられて——凍てつくリアルとの対峙、センシティブでも生き残れるか


正しさだけが俺を生かし、俺を守って、導いてきた。

それなのに認めたくない、向き合いたくない事実が、

太陽のような鬱陶しい眩しさをもって付け回してくる。



image1



――刃先は軽く、先端に向かって薄く研ぎ澄まされていた。狂いのない直線からは正しさを見出せそうなほど、寸分の欠けもない。なんだってできてしまえそうな万能感に心が震えて、汗が滲む。



「大切なものはね、邪魔されたり、

壊されないように、そっと隠しておくの」


両手で抱きかかえて

少しの光も外に漏れることがないように。




2020/05/05 - 不定期に更新

本作品はフィクションであり、登場する個人や組織、事件等はすべて架空のものです。犯罪行為、法律や法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。


作品内で使用している素材は「suiren」さまからお借りしています。詳細は個人HPの「link」ページをご覧ください。