最後の初恋

作者くるりん☆

今更になって出てきた君との思い出

名前と場所以外はノンフィクションにするつもりです

まだ幼かったあの頃


私にはそれが永遠になるんじゃないかと思えた




巡り巡って返ってきた君への気持ち


もう届かないだろうけど私は君が大好きでした


君となら笑えた未来があるんじゃないかな?


なんて


今更すぎるよね




だから君はずっと笑顔でいて


隣に私以外の女の子を連れて


どうかずっと笑っていて