支配者【完】

作者映画館

私を選んだ支配者は、一つ一つ、教えてくれた。
愛し愛されることも、自分の価値も。そして、人の醜さも。
全てはあの日、始まった。

全ての理が歪んだ時代




それを統治する一族がいた




なんでもありの彼等には、



一つだけ、遵守するべきことがある




選ばれるのは、必然




だけど私は、選ばれた意味が理解できなかった






表紙絵、またまた唯川美雨さんに描いていただきました!ありがとうございます!


こちらのお話は、暴力行為や性的表現など、過激なシーンが多々含まれます。苦手な方は戻るを押してください。


作品内に出てくる団体・名称は、実在のものとは一切関係ございません。


他の読者様のご気分を害してしまいますので、過激な発言や批判は、公の場ではご遠慮ください。

何かご意見などございましたら、悪口以外は映画館まで直接、お手紙でお願いいたします。


批評やご意見など大歓迎です。