運命の鎖

作者神谷一平

 浩二は何としても四号を捕らえたかった。愛する人のために。しかし、それは……

   運命の鎖