千切れた鎖

作者神谷一平

 『運命の鎖』の続きのようなもの。続きとは言い切れないし、主人公も同じとは……

 『運命の鎖』の続きのようなもの。あくまでも「ようなもの」であって、続きかは分からない。


一つのパターンである。