Arcobaleno~初代編~

作者宵凪

Arcobalenoの過去。初代藜組組長と、虹の花となった娘の切ない恋。「お前は笑うと花の様だ」「右近様のお傍だからです」

「お前、名は?」


「環那……」


「私と共に来るか?」





「願ってもよいのですか?貴方の傍にいる事が許されるのでしょうかっ」


「――ああ。私と共に生きればよい」




Arcobaleno~初代編~

Arcobaleno本編読後推奨。


28.09.01 3頁目編集。


※批評・指摘などはHPのメールからお願いします。

アドバイス等も、そちらからお願いします。