あの日の約束

作者魅洛

時が流れ、想い出が薄らいでも、僕はあの日の約束を覚えている。
君と約束したこと「あの映画館で待ってる」
今日も君は来ない。







果たせなかった約束。



ただ、映画の半券を握って



―――僕は待ち続ける




過去が僕たちの未来を変えようと



ときが僕たちの想い出を薄めようと



たとえ、どんなことがあっても




待ち続けるんだ



この場所で