夏の教室の一場面。好きな人への視線、気持ち。











ある夏の、ある教室の、一瞬。



私は、好き。


でもあの人は——。




「 透き通る 」





その気持ちは透明になって、落ちていく。