薊-roots―

作者カレン

10歳以前の記憶がない京。
彼女のルーツを知る
唯一の手がかりは…薊。
彼は有名?な情報屋らしい。

はじめから、わからないことが多すぎた。








抜け落ちた10年間の記憶。









それでも知りたいと願った私に、

そいつは、言った。










「どうしても知りたいならを探せ。」











自分を見つける唯一の手がかり

―彼の通り名は











どうやらあそこじゃ有名な不良?

みたいなんだけど。



































※この話はフィクションです※