奴隷制度が根強い国に生まれた公爵令嬢アメリアは本が大好きな令嬢。婚約者の存在も無視して本を読むアメリアにはどうしても手に入れたい1冊の本がある。それを手に入れるために今は国を出る準備中。婚約者には愛しい人がいるらしいから婚約破棄も簡単だろう。出国を手伝うのは殺人・人攫い・奴隷の調教・賄賂隠蔽など危…

  • コメント
  • しおり97



 〜この世には1冊しか存在しない特別な本が存在する〜


〜手入れた者はこの世の全てを知りこの世の覇者となる〜





【本を狩る令嬢】

「狩る?いいえ、借りてるの」

本を読み漁る本狩り令嬢。



【闇市の狂人】

「貴族の令嬢って高く売れるんだぁ」

苦しみながら足掻く人の表情を見て快楽を得る男。



【元闇市の山賊首領】

「自分好みの奴が目の前にいたら欲しくなるもんでしょ」

自分の欲求を抑えることが出来ず強い快楽を求める男。



【奴隷制度が根強い国の王子】

「本がそれほど好きだというなら本と一緒に焼き死ぬか?」

婚約者を鋭く冷たい目で睨みつけ婚約者とは別の女を抱きしめる王子。




これはこの世に1冊しかない本を探す令嬢の物語。

しかし、キラキラと輝く冒険物ではございません。

狂気・狂愛・残忍・冷酷など狂人な奴らが蠢いている世界で令嬢は探すのです。

たった1冊しかない【白い本】を。



8月15日まで予約更新

それ以降はストックが溜まり次第予約更新再開


※誤字・脱字が多いです。

出来るだけ頑張りますが文章能力が低い作者のためご了承ください。

※長く非公開にしていた作品です。

※この作品はフィクションです。団体名など、現実のものと一切関係しません。