愛してもらうというのは、どうしてこんなに難しいのだろう?たった一人の貴方の愛が欲しかっただけなのに。そして今になって気付くの。過去に失った存在の大きさに……。








女として生まれた私は欲張りな子供






最低なあたしはたった一人の“愛”が欲しかった




願ったのはそれだけだったのに……







運命とは望むものを簡単にはくれない






そして今になって気付くの……











「貴方、誰……?」




「ただの男だよ」