黒兎と獣Ⅱ【完】

作者春里舞花

幼馴染みで護衛だった三人が婚約者…?総長になった柚華に、降りかかる運命の悪戯。出逢った黒蓮メンバーの過去と拒絶に翻弄される柚華の明日はどっちだ……ーー?










動き出した歯車は


何もかもを巻き込んで運命を刻んでいく



「俺はアンタを認めない。」


「お前なんか大嫌いだ」


「お前がいなければアイツは苦しまずに済む」



「どうして、そんな顔するの…」






聞こえてくる声が


あたしの心を侵食していく。




「何も知らないくせに……。」










好きだなんて言わないで。



愛してるなんて言わないで。



どうすればいいのかわからないから。





込み上げてくるこの熱の名前を

彼女はまだ知らない




「俺の傍から離れるな」


「お前は俺の物だろ?」


「僕以外の奴らに触らせないで」






これは呪いをかけられた運命物語









あたしは、自分が嫌いだ。大嫌いだ……








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この物語はフィクションです。

寧ろファンタジーです。



全て作者の作り話:批判中傷アドバイスさえ受け付けておりません




関連作品→『あたしの愛したあの獅子は。Ⅰ Ⅱ』




レビュー

ありがとうございます


みりんあげさん

トミー☆さん

くまかな。さん

忽那 碧璃さん

まる子さん

あかねさん

シン太さん

ひぃたんさん