冬、日だまりで【完】

作者月咲りおな

四姉妹が織り成す四季の片恋物語
冬、松本家長女 日鞠のお話




「男なんて嫌い」

松本家長女  日鞠(ひまり)


「お礼、言うの忘れた……」

松本家次女  日依(ひより)


「……ひまわり、わたしと同じ字だからあげるって」

松本家三女  日向(ひなた)


「……わたし、最低」

松本家四女  日彩(ひいろ)


四人姉妹が織り成す

四季の恋物語


― 冬、日鞠 ―