禁断†純愛 Loveless ㊤【完】

作者柏木七生

指先から手首。それからゆっくりと肩へと這う、おおきな手のひら。触れられるたび、心が震える。この感情はどこから来るの?言葉にするすべを私は知らない。

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり1,253

illustration by Ray





雨どいを転がる丸い雨のつぶ

天使の頬を伝う透明な涙

薔薇の花弁からこぼれる

朝日に照らされた




「絵麻……俺達は兄妹だろ?」


兄と妹のように生きてきた

私にとって唯一の男、如月


けれど彼は私を見ていない





「今に俺のことを好きになる」


蜂蜜色の金髪に紅茶色の瞳

突然私の前に現れた、慈応


言葉とは裏腹の優しいキス





いつだって自分が正しいと

信じているそんな君が嫌いだ






since 20091120


20091208公開


end 20100201