ファン
6

Camille Hayami / Edelweiss of Window art

まどべのエーデルワイス / かみーゆ・はやみ

*Camille Hayami / Edelweiss of Window art*
(pen name)/(circle name)
*Edelweiss by the window art*
わたしの作風は昔ながらの定番スタイルであるホット・ショット形式が一番安定します。
I enjoy movies that have a lasting and meaningful message.
長…

クレイマー・クレイマーのおかげかな……

らんらんちはタンメンにみかんにジャスミンティーといただいて、おゆうごはんはキクラゲのオイスター炒めに白米にワカメと豆腐とあげのお味噌汁に精選烏龍茶といただいて、泌尿器科とピーエルと院長先生のおくすりを飲んで、きちんと睡眠時間が確保できるといいかなァ……そんなおヤースミンしたい今日この頃です。
夕方、わずかに青空がひろがる……そんな黄昏時のひとときをゆったりと過ごす……ゆっくりとした眠りに誘われるかのように窓辺からの景色を眺めると、カミーユ速水きゅんの一日は暮れゆくのでした。
二月二十四日。ぉ夜食はのり精選烏龍茶漬けと精選烏龍茶とメープルコモンズベリーマーマレードクリームチーズトーストといただいて、まったりと。
神店舗先払い二件と原稿二枚出力八十円で二十八ページのフルカラー本が分冊なら二冊、一冊に纏めればアミカケして表紙二、三も印刷してスミ刷り五十二ページ五百円で売るタイプの同人誌が一冊組めるかな……。
わたしはなんて言うのか手書きのアナログ原稿の温もり感に古き良きぬくもりを感じるので、やはりアナログ原稿は良き!
ある種の頑固おやじにも通じるこだわりがあるのです。あたたかな手書きの温もり感がアナログ原稿にはあるからです。やっぱ好きだわ。
アーリーモーニングから朝にかけてのお散歩はまずカトリック教会でお祈りして、市庁舎前店舗は閉店してしまったのでしょうか。わたしは市庁舎通りの夜景やラバンディン農園のお洒落なイルミネーションを眺めながら……厄除け寺院前店舗で、前回の神店舗ラリーで気になっていたメリーチョコレートのポッピン・キャンディチョコレイトをお散歩ポイントと硬貨で購入してから、神店舗でテンチョーさんと楽しい語らいをしつつ……ホワイトデーギフトと和漢方薬の先払い二件を決済して、原稿を神店舗ネットプリントで二枚八十ゴールドで出力して、残りはうまくやりくり出来れば、神店舗電子マネーとマイルを足せば九九九ゴールド分のお買い物は出来なくはないので、今度神店舗で原稿を出力したりコピーするときにジャンドゥーヤをついでに購入するか魔法のカードを買うのも良いのかもしれません。
ウィンターイルミネーションが美しい早朝のお散歩タイムに犬のお散歩を楽しんだり、ジョギングしたりしている人々とすれ違いながら……微笑ましい温かな気持ちで帰宅して、ひさしぶりの朝陽でムーミンロータリーキャンドルホルダーがプラネタリウムのように天井を彩る木洩れ日の窓辺の鉢植えに灌水作業を済ませて……ホッと一段落ついた感じです。
早朝のお散歩は四千歩程で、このルートで朝夕したら八千歩ほどお散歩出来るから、お散歩のコース周りとしては神店舗ラリーが楽しめてなかなか良さげです。
カトリック教会と厄除け寺院とリリアベル神社とスズノヤ寺院にもお参りが同時に楽しめてなかなか良さげですね。
お庭の鉢植えに灌水作業を済ませて……朝陽を浴びながら軽く運動をたしなんで基礎体力をつける……晴れた日のひんやりとした心地よさが煌めく朝陽に乱反射して……わたしは心身をリフレッシュさせるとラベンダーゆにつかり、汗を流して、少しばかりのリラクゼーションに時間を割くのでした。
泌尿器科とレルミナと院長先生のおくすりを飲んで、本日のモーニング・ティーは醤油バター焼きたらこパスタにジャスミンママキティーにミヒェルゼンのシナモン・キャンディスをひとさじ加えて六花亭のキャラメルホワイトチョコレートとルイボス麦茶といただいて、まったりと。
それからアナログ原稿は代稿を含めると五十三枚編集作業中で、真っ白の状態の原稿用紙が三枚でこれが完成すると五十六ページと表紙裏表紙四ページ足すと六十ページ分になるので……やはり六十ページの本にするか分冊して二十八ページか三十二ページの本を夏と冬の新刊二冊に分けるか……ちょっと迷うところですが、コピー誌でファイルブックで六十ページ分あると、思い出補正的にはファイルブックかな……というのか一冊のファイルブックとしてまるっとカスタム出来るので、ファイルブックをカスタム……懐かしいなぁ……。
ファイルブックのインスピレーションはクレイマー・クレイマーのワンシーンから思いついて作り出したので、やはりファイルブックがコピー誌でフルカラー混在カスタムなら耐久面では一番安心なのかなとは思います。
とりあえずモノクロ印刷でファイルブックを台割表がてら作成しつつ、代稿を抜けるタイミングで入稿が一番角もたたないしみんな楽しく……といった感じで記念誌ぽくて良いのかな……とそんな風には思いますね。
現在五十三枚、残り三枚の目処はついているので代稿で三枚フルカラー二枚とモノクロ一枚すぐにでも面付けは可能です。
グラデ便箋のフルカラー二枚と、グラデ便箋のコピー原稿で三枚……これで五十六ページで、あとは表紙裏表紙四ページで六十ページで……色々考えたけどファイルブックでカスタムするならこの六十ページというのが耐久面でも後々安心かな……。
ジャスミンママキティーを何煎も美味しくいただけるので美味しくいただきながら編集作業がとても思考がクリアな感じでお日様も浴びれて心身からリフレッシュするような……こういう神様からの天の恵みというものはやはり心強いものがありますね。
ファイルブックの百均の三十枚六十ページ分のものを原寸A四とB五の二種類とお洒落なファイルブックを個人的には配布用にいずれ選んで購入して……色々考えたけれど、後々入稿でも良いけど、二〇二五年もファイルブックの方がお洒落で高見えするのかもしれないなぁ。安心感あるのはファイルブックならではの耐久面……同人誌印刷とか普通の書籍でもぼろぼろになってしまうのと、ファイルブックなら耐久面が二十年とか劣化せずに綴じ方向から本がバラバラになって、ページが汚れて黒ずんで……という心配もないしね。
お洒落なファイルブックを選んで作れば、本当に高見えするからね……クレイマー・クレイマー様々ですよ。本当にね。あのシーンはとても印象的なシーンでこれしかないと思った本当に素敵な売り込みのシーンで……わたしがあんなに稼げたのもやはりクレイマー・クレイマーのおかげなんじゃないかな……そんな風に思うのです。

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません