ファン
6

Camille Hayami / Edelweiss of Window art

まどべのエーデルワイス / かみーゆ・はやみ@おトクなキャンペーン

I sometimes paint pictures for pleasure.
My hobby is planting trees and growing flowers in my garden.
I'm fond of taking pictures and I have a camera of my own.

https://potofu.me/leontopodium

わん太お兄ちゃんと田中久仁彦先生のご本を拝読して

アフタヌーンティーはコーヒーゼリーにアイスクリームにシュークリームとジャスミン茶とライチティー、おゆうごはんはキクラゲのオイスター炒めに甘夏に白米に花山椒の佃煮とジャスミン茶とライチティーといただいて、泌尿器科とピーエルと院長先生のおくすりを飲んで、ぐっすりとおヤースミンしたい今日この頃です。
四月十五日、月曜日。宵の港街ルーヴィル経由で神店舗への小道を通り、神店舗のゴールド銀行で十四万二千ゴールドを出金して、四月がお誕生日の会員さんのお誕生日プレゼントのお代などの支払いを済ませて……テンチョーさんと楽しい語らいをしてから、夜のリリアベル商店街の賑やかな話し声がこだまする中、教室棟でカーチャンに渡す七万千ゴールドとゆうしゃとけんじゃの医療費と五月がお誕生日の会員さんのお誕生日プレゼントのお代や母の日とサンジョルディの日の贈り物のお代あわせて四万五千ゴールドの封筒に分けて、医療費の一五五八一ゴールドをお財布にいれて、サンジョルディの日と母の日と五月がお誕生日の会員さんのお誕生日プレゼントのお代と魔法のカード千クラウンで約三万ゴールドかなぁ。三万ゴールドを神店舗銀行の封筒にいれて、教室棟を出て、カーチャンに今月の生活費七万千ゴールドを渡して、ぉ夜食の白米に花山椒の佃煮とジャスミン茶といただいて、まったりとした夜更けを過ごすゆうしゃとけんじゃなのだった。
夜のシドニーの街はゆったりと宵の楽しい時間帯を過ぎゆきます。夜の街の人々の明るい笑顔、居酒屋さんの仕込みの食材を搬入しながら楽しくおしゃべりする調理職人さんたち……夜のシドニーの街は明るい笑顔に満ちていて楽しかったね……などとゆうしゃとけんじゃは週末から週明けの夜の街に繰り出して遊んできたのでした。
そして今日はてんつく病院産婦人科の受診日だ。朝霧たちこめる春のファンタシースターな日課をこなして、夜間飛行をする航空機のきらめきを眺めては……一陣の風のように舞い散る桜のようでした。
早朝の小鳥のさえずりが心地よい夜明けの空を見上げて……今日も一日がんばるぞいとなるのでした。
ゆうしゃとけんじゃは先日アリスブックスさんから届いたわん太お兄ちゃんと田中久仁彦先生の鬼っ子本を開封して一緒に拝読していると、とてもあたたかでしあわせな気持ちになってゆくのを感じた。
あたたかな思い出の世界のようで、田中久仁彦先生のおくづけのサボテンの花言葉は枯れない愛とはいうものだけれど、そんな優しさや慈しみ……子供時代のわん太お兄ちゃんを思い出すようでとてもほっこりとした。
素敵なご本をゲットできて本当に良かった。
ゆうしゃとけんじゃは窓辺の五月の薔薇とカミーユの鉢植えを起こしてあげて、窓辺とお庭の鉢植えに灌水作業をしながら、アマリリスの歌をふたりで口ずさみながら穏やかなニュアンスカラーのモーニング・ルーチンをこなしていた。
端的に落ち着いていて、どこかノスタルジックな優しい朝のひとときで……穏やかなモーニングの時間は優しく穏やかにわん太お兄ちゃんと田中久仁彦先生のご本のような……そんな思い出補正豊かな日々を送っている。
本日のパラガス流モーニング・ティーセレモニーはダルメインのキッチンガーデンマーマレードトーストにドウハツのライチティーとフードペアリングして、朝陽の木洩れ日が暖かで明るい窓辺でこっくりと深みのあるモーニング・ティーを楽しむ……その穏やかなモーニングの時間はとても愛おしく感じる至福のひとときだ。
ゆうしゃとけんじゃは窓辺で仲良くモーニングをいただいて、ガーデニングやキャッチボールで軽く腹ごなししたりして楽しく過ごしていた。
窓辺から藤がとても綺麗に咲いているお庭の景色を眺めては……、明日ラバンディン城趾のまるやま豆腐の田楽茶屋で藤棚の見事な花藤をお花見するのが楽しみだねと……ゆうしゃとけんじゃはそんな会話をウッドデッキでライチティーでお茶会を楽しみながら、お庭の花藤でお花見をした。
ゆうしゃとけんじゃはやくそうのおくすりを四一八八ゴールド買い込んで、魔法のカード千の五一八八ゴールドを封筒に入れると、また今度神店舗で決済しなきゃいけないねと話しつつ、今日は十時からてんつく病院産婦人科の受診日なので、てんつく病院産婦人科を受診して、新しいおくすりを処方してもらい、ココスでお誕生日クーポンを使いお誕生日パーリーを楽しんだ。
そしてリリアベル商店街のフルーツパーラーで柑橘類の特売品を購入してから、リリアベル薬局でおくすりを処方してもらった。
ゆうしゃとけんじゃは午後のグノーの【のばら】を聞いて正午なのだと思い、お昼の灌水作業を済ませて……しばらくスペインの村の午後の過ごし方を日常生活に取り入れて、シエスタを楽しむことにした。そしてナイターガーデニングを楽しむのだ。
お財布の中に一万ゴールド札を入れてあるので、金曜日までにパラガス・クリニックに通院して、リリアベル薬局でおくすりを処方してもらって一万ゴールド札から三千ゴールドは医療費で、支払いのおつりのうち……七千ゴールド……これを来月まで貯金しておかないといけないかな……などとゆうしゃとけんじゃはそんなお話をしていた。
春のこんぺいとう祭~そしてピクニック&パーリーの最短ルートだというのはどうやら事実だったようだ。
ゆうしゃとけんじゃは春のこんぺいとう祭~そしてピクニック&パーリーをクリアすると……ああピクニック&パーリーだったのだと今日のお誕生日パーリーで気づいたのです。
ゆうしゃとけんじゃは楽しい毎日を穏やかに過ごしているのだが、ピクニック&パーリーとはこの世の摂理であり概念なのだ。それが横浜市鶴見区たつなみ谷からはじまるパパとママとキッズたちの壮大なる叙事詩であり文学であり偉大なる物語なのでした。
午睡を軽くとり、リリアベル商店街経由で神店舗までお散歩して、やくそうの和漢方三箱と魔法のカード千クラウンで五一八八ゴールドを支払い、神店舗への小道を通り、リリアベル神社を参拝して、今日は例会をしており、お賽銭を入れてお詣りして、パラガス・クリニックを受診しておくすりを処方してもらってリリアベル薬局で受け取り、七万千ゴールドからサンジョルディの日と母の日と五月がお誕生日のお友達の贈り物の三万を引いてみると、おそらく一万クラウンほどおつりが出たのが意外だったのだが、とりあえずスパコミまでこの一万クラウンを貯金していかないといけないかな……と思う。
おゆうごはんはミートソース焼きとハッサクとジャスミン茶といただいて、泌尿器科とピーエルと院長先生のおくすりを飲んで、ぐっすりとおヤースミンしたい今日この頃です。

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません