主人公は警視庁捜査一課の刑事・逢坂優姫。

そんな彼女とコンビを組むのは警視庁捜査一課に配属されたばかりの元・公安警察官であった霧島恭哉。


この二人の接点は10年前に起きた殺傷事件だった。


この物語は、10年前の事件を軸に巻き起こるMalice((相手を傷つけようとする意図的な)悪意とCriminal(犯罪者)、それに立ち向かう警察官達のそれぞれの正義の物語。


«sideも入る»