罪人には紅茶を。

作者柊海華

裏社会を牛耳るクールなお嬢様と陽気な天才執事が、表沙汰に出来ない事件を、ちょっぴり派手に捜査していく、危険な物語……。







《さぁ…最期のティータイムはいかが…?








クールなお嬢様には

弱点がある。











「お嬢様、どうか私を信じてください」


あるじの目の前であっさり犯人を殺す執事を、

どう信じろっていうの!?」











妖しく美しく完璧で、

そして最高に危険な執事を従える事___。













-Tea for sinners.-