車椅子でキス

作者柊海華

「膝枕して」と甘える彼が、「守ってやる」とカッコイイ彼が、「もう、いいんだよ」と優しく笑った___。











子供のように甘えん坊で




けれども大人の顔を秘めている




そんな、誰よりも私を愛してくれた人が





ある日





車椅子生活になりました。






「お願い」と膝枕を求める彼が、




「守ってあげる」とカッコイイこと言う彼が、






「もう、いいんだよ」






と、優しく微笑むのです。






「もう、十分だから……」





と___。






でもね、ハルさん。






「私は離れません、何があっても」












ーKiss with a wheelchair.ー