残された3分

作者北きつね


最後に交わした言葉はインターホン越しの3分間だった

幼馴染の二人
中学の卒業式で、恋人になった。

高校での付き合いを終えて、大学生活がスタートした。
地方から都会に引っ越して、隣に住む二人。

紅茶が冷めない距離に居る二人の、最後の3分間は突然やってきた。