僕の命は君へ捧げるためにある

作者Licht-リヒト-

時は幕末。暗殺を主な仕事とする18歳の少年シン。
ある日、彼の雇い主である佐川真一から徳川の姫を護衛する仕事を任される。
渋々シンは依頼を承諾し翌日から姫の護衛の為、城へと赴く。
徳川の姫、琴葉は城の中では浮いた存在で女中からも嫌がらせを受けていた。
佐川からの情報でその事を知っていたシンは琴葉を…

愛を知らない少年


命を狙われる少女


共に過ごしていくと愛しさを感じ始める二人


だが、少年は少女の愛を求め狂い始める