狂愛社長の甘いワナ

作者はくあ

「君に拒否権はないから」

その言葉からはじまった社長とのカンケイ。
社長の言葉は狂ってるけど、いつだって甘かった

「君に拒否権はないから」




ある日突然、社長に一目惚れをしたと言われた。


ただ秘書になれと言われただけだったのに。



「君を僕に惚れさせるけど」



狂愛社長


×


新入社員




社長の言葉はいつも甘くて……──



貴方の抱える闇の深さに気づけなかった。