溺愛ヤンキーズ4

作者九重 綾

「あの日、貴方は私を救ってくれた」全てをなくした少女と不良たちの逆ハー激甘シェアハウス




いつからその距離は広がっていたのか



いつから助けを求めていたのか



今は誰にもわからない



願わくば



もう一度みんなで笑いたい





「一人にしないでくれ」

寂しがり屋の若頭 千歳 湊都




「俺ね、天使になりたいんだ」

天使に焦がれる 佐久間 琉偉



「どこに居たって、お前を守るさ」

宝物は変わらない 花堂 理



「ここがお前の家だ。いつまでも」

氷が溶けた 財前 璃玖



「麻桜、戻ってこいバカ」

泣き虫な桜色 時雨 椿季



「助けを求めてたのは、きっと…」

敵か味方か 橘 紫凰







騒がしくて、はちゃめちゃで、とてつもなく甘いあの場所は、もう遠くへ離れてしまった。






この物語はフィクションです。

未成年の喫煙飲酒は法律で禁止されています。

出てくる団体名等は実在するものと関係ありません。



誹謗中傷はお控えください