溺愛ヤンキーズ1【完】

作者九重 綾

「あの日、貴方は私を救ってくれた」全てを無くした少女と不良たちの逆ハー激甘シェアハウス▶︎大幅修正中



行くところも



帰るところもなくなった。



そんな私達を拾った貴方



この人生、貴方の為に生きましょう。







「これからどうするの?」

我等が大将 千歳 湊都


「え、やだなぁ戦闘モードって言ってよ」

二重人格 佐久間 琉偉


「お前見たとき、なんか運命感じた」

デレデレヤンキー 花堂 理


「この図体では似合わないだろ。」

堅物オトメン 財前 璃玖


「僕に触るなこの変態。」

ツンデレボーイ 時雨 椿季



騒がしくて、はちゃめちゃで、とてつもなく甘いこの場所が、私達の新しい居場所になる。







この物語はフィクションです。

未成年の喫煙飲酒は法律で禁止されています。

出てくる団体名や学校名などは実在されるものと関係ありません。



誹謗中傷はお控えください。