溺愛ヤンキーズ3【完】

作者九重 綾

「あの日、貴方は私を救ってくれた」全てをなくした少女と不良たちの逆ハー激甘シェアハウス





目隠し鬼



必死に隠したものは



とうとう見つかった







「ここから先はまだ早いよ」

別の顔はまだ内緒 千歳 湊都



「もうちょっと、このままで」

本音を隠すは 佐久間 琉偉



「ばれちまったか」

優しい嘘つき 花堂 理



「大丈夫だ。」

大きな手の平 財前 璃玖



「僕がいるよ」

いつでも味方 時雨 椿季




騒がしくて、はちゃめちゃで、とてつもなく甘いこの場所に、不吉な風が吹きつける







この物語はフィクションです。

未成年の喫煙飲酒は法律で禁止されています。

出てくる団体名等は実在するものと関係ありません。



誹謗中傷はお控えください