ちっちゃい私と不良たち

作者ゆんた

幼女になっても私の血は美味いのだ!




4校を束ねる無敵の女総長が、


ある日突然ちっちゃくなっちゃった!





幼女総長 × 不良ヴァンパイア






ちっちゃくたって

私は無敵なんでしゅ!



ちっちゃくたって

私の血は美味しいんでしゅ!




てくてく歩くよ織果おるかちゃん。



電信柱にぶつかっても



犬に吠えられても



私は泣きましぇん!!!!



ぜったいに!!!!




「うっうう"っ・・・・」




でもなんでかな



ぽろぽろ涙が出るよ織果ちゃん。






りおー:

「誰だ!!うちの子泣かした奴!!!!」


しょーへー:

「児童虐待で慰謝料5億円請求してやる!!」


みちゅま:

「さすがの俺でも、幼女の血はさすがに・・・

じゅるり。」


にゃんこ:

「俺は熟女好きのはずなのにぃっっ!!

ハア~(*#´Д`#)」





スーパーに行ったら

子供用カートに乗りたい織果ちゃん。



でも1人じゃ乗れないよね☆彡




「誰か後ろを押すでしゅ!!」





今日もふりょーぱんぱいあたちと一緒に

がんばりましゅ!!



不良





『バッドブラッド!』のキャラを元に

作者の妄想で書いております。


申し訳ありません。


本編読んでなくても全然大丈夫な内容です。


本編とは違う内容になります。