ゆきの中のあかり②

作者汪海妹

離婚して1人になって、犬のラッキーと一緒に暮らす塔子さん。お店にある日、家具職人になりたいという不思議な男の子が来ます。輸入元のスウェーデンの取引先に彼を紹介した塔子さん。一方、息子の清一君は就職先の会社の一番目の赴任先が仙台で、東京を引き払ってお母さんの近くに戻ってきます。誰かいい人を見つけたら…

「なんでわたし生きてんのかな?って思います。わたしがいなくなっても困る人なんて誰もいないのにって。でもね、もし、みんなで見れる夢を持てたら、きっと死ぬまで忙しくなるなと思って。まだ死にたくないなぁって思いながら夜寝るのかなって。」

その気持ちもわかります。そう言うのがほしいと思う気持ち。


…本文より抜粋 byタケコ&塔子 2人合わせて70歳以上