秋が過ぎ、12月も半ばに入った頃、宮田は唐突にある事を思い付いた。玉森に提案すると、彼も快く賛成してくれてーーーー。2人の純愛ストーリー。