彼氏にフラれたばかりの年上の彼女は、男子大学生の俺に‘そういう関係’になることを求めてきた。彼女は元カレで空いた穴を埋めるため、俺は身体の熱を鎮めるため、今日も1つのベッドで時を過ごす。






「いつ終わってもいいのがこの関係でしょ」



‘セフレ’という名前のつく関係は、

いつ、どこで、

簡単に剥がれてもおかしくはない。







そのあやふやさが

その脆さが


心地良さから虚しさに変わった瞬間

君に恋をしていることに気が付いた。