あなたの隣に寄り添いながら

作者砂沙

風が強く吹く中、私は線路沿いを歩いていた。










あなたの望み通り、もうすぐ地球は消滅するのだと言ったら



あなたはどんな顔をしたのかな